プーアール茶について詳しく解説していくサイトです

プーアル茶あれこれ



プーアル茶の熟茶と生茶、それぞれの特徴

プーアル茶とは、中国・雲南省の南部にある西双版納州と臨倉市・大理市と呼ばれる地域で昔から作られている黒茶の一種です。
油を流す効果があると言われ、食事時に飲むことが多いです。
プーアル茶には熟茶と生茶があります。
熟茶とは独特の甘みと柔らかなとろみがある優しいお茶です。
ダイエット効果が高いお茶と言われています。
人工的に発酵させているため微生物の数が多く、ダイエットに効く物質もこの工程で合成されます。
お茶を入れたときの色は赤褐色から濃い栗色になり、紅色があり濁りの無いものがいい色とされています。
日本でプーアル茶と言えば熟茶になります。
一方生茶は苦味と渋味があるきれいな黄色のお茶です。
日本に出回ることは少ないです。
自然発酵させる緑茶の製法と似ていますが、緑茶の様に蒸さないので茶葉の成分が溶け出すことがありません。
そのため、香り高く花や果実のような香りがするのが特徴です。
熟成とともに黄色から褐色に変わっていきます。


COPYRIGHT(C) プーアル茶あれこれ ALL RIGHT RESERVED